新社会人の方はビジカジ についてどう選んで合わせれば?と迷うと思うのですが簡単です。

まず、ビジネススーツとワイシャツとネクタイの基本スタイルは必要です。

ビジカジ第一歩は、テーラードジャケットとスラックス

次にワンランクだけカジュアルにしたビジカジは、テーラードジャケットとスラックスです。

スラックスの色がジャケットと違う色で配色のいいものを合わせます。

ネイビーのジャケットなら、グレー系や茶系、ワイン系などですね?

ここにボタンダウンやスタンドカラー衿などデザインが少しあるシャツにするだけです。

シャツの襟は少しデザインがある方がノーネクタイでは決まりやすいからです。

ビジネススーツはネクタイをしましょう

ビジネススーツもノーネクタイにも合うタイプもありますが、初心者の方はビジネススーツはネクタイありで決めてしまったほうがいいと思います。

普通のスーツスタイルからネクタイを外しただけでは様にならないです。

ノーネクタイにも合うビジネススーツは、生地やディテールの違いで決まるのですがここは後回しにしましょう。

素材がスーツのような光沢感があったり、スーツ用のピンストライプ柄などでないだけです。

ノーネクタイでいけるタイプかどうかは形はあまり変わりません。

テーラードのスーツとテーラードジャケットとスラックスは形はほぼ変わらないのですが、光沢や柄、素材感が違うのです。

同じ場合もありますが、スーツしか向かないもの、ジャケットしか向かないものもあり、作る側が考えて作っているのでここは選ぶだけでいいでしょう。

微妙にはステッチの始末や細部にジャケットにしか向かないテクニックがあるのです。

 

ジャケットスタイルは、ビジカジの第一歩

ジャケットスタイルとは、上下は同じ色のセットではなく、スラックスを違う色でコーデすることです。

例えば、下の写真はネイビーのジャケットにグレーのスラックスですよね?

ビジカジはジャケットスタイルが基本

写真は、SPUTNICKS

ネイビー+グレー、ネイビー+ベージュ、グレー+チャコールグレーなど、配色のいいスラックスを色を変えて合わせます。

全体のコーデではスーツは2配色ですが、ジャケットスタイルは3配色が基本です。

同じ色で素材だけが違うとか、同じネイビーで少しだけ違うのは合いません。

つまり、ネイビーのテーラードジャケットに微妙に違うネイビーのスラックスを合わせるのではなく、グレーやベージュのスラックスの方が合うということです。

小柄で全身同色系でまとめたい場合は、ジャケットはネイビーにグレーのチェック柄なら、スラックスはネイビー無地という合わせ方もあります。

靴は基本の紐あり革靴で両方合います。

ビジカジジャケットはあなたに似合うスーツと同じが失敗しない

ビジカジ ジャケットはあなたに似合うビジネススーツと同じ色系がいいです。

ネイビーやグレーなど。

ネービーが似合う方は、ビジネススーツもジャケットもネイビーでいいのです。
ビジカジスラックス はジャケットに合う基本の配色でいいです。

ネイビーにはグレー系も茶系も合いますが、どっちにするかはお顔のイメージに合う方にします。

ビジカジはノーネクタイでいいです。

ジャケットスタイルにネクタイをしても、カジュアルスタイルになります。

ビジカジのパンツ選びは、基本はスラックスです。

スラックスはビジネススーツと同じ形で縫製も同じです。

カジュアルパンツはチノパンが基本という認識は少し違います。

チノパンはスラックスよりも、もう少し、カジュアルが進んだもの。

チノパンは基本は綿のチノクロスという生地です。

スラックスは夏は綿もいいでしょうが、ウールも合成繊維も、綿麻混紡もありますね。

 

写真は、SPUTNICKS

チノパンはかんたんな縫製もありますし、スーツの下と同じように丁寧に作られたチノパンもあります。

これがスラックス仕立てのチノパンです。

なのでビジネス用には質のいい良い仕立てのチノパンを選ぶ方がいいですね。

スラックス<スラックス仕立てのチノパン<簡単な縫製のチノパン<ジーンズ、という風にカジュアル度は進みます。

トップもジャケットからブルゾンに代わるとカジュアル化が進んで、オフカジはOKでもビジカジには向かないですよね?

インもシャツの変わりにTシャツにすればもっとカジュアル化が進みますね?

でもジャケットがあると、きちんと感があります。

ビジカジはジャケットスタイルになれること!が基本です。