外羽ひも付きの革靴が調整しやすく歩きやすい

メンズのオフィスやビジネスシーンでのカジュアルスタイルの靴は基本紐ありの皮靴です。

日本ではローファーまでですね。
ローファーとスリッポンは同じように使われますがデザイン的には少し違います。

スリッポンンの方がややラフともいえると思います。

スリッポンやローファーはややカジュアル度が進む

カジュアルスタイルと言ってもスニーカーでもあり得るのはファッション関係やIT関係の職場はOKですが一般的には皮靴です。

ファッション関係では室内でも帽子の人もいますね。

扱うファッションによりかなりラフで個性的であったりしますから。

といっても企画関係か営業マンかでも違います。

なので男性ははきやすい靴を見つけておきたいですね。

社内だからとサンダルはNGですから。
机の下でサンダルに履き替え来客があると靴にし応接室に行く営業マンも実際にはおられますね。


こちらはタッセル付きローファー。

こちらはシンプルなローファーです。

 

ローファー、スリッポンはカジュアル靴の種類なのですがモカシンと言うのは甲(アッパー)のデザインの形がU字形の甲革を縫合するタイプでローファーはこれに該当します。

広い意味ではローファー=スリッポンと同じでローファーの意味は“怠け者”です。

スリッポンは“スリップオン”の意味です。

だから楽にはけてカジュアルなのですね。

日本の住宅文化には履いたり脱いだりがあり、紐靴から比べると楽なのですが足のホールドが甘い為、長距離の歩行には不向きです。

また、紐がないため調整ができません。

モカシンというのは、アメリカインディアンが履いていた靴が原型です。

モカが手縫い、というのが基本です。
ローファーはモカシンを元にドレス寄りにデザインした靴です。

ちなみにデッキシューズも元はモカシンです。

ローファーだと他のドレスシューズのように作っている場合がほとんどです。

モカシンの場合、アッパーのレザーを足を包むように成型し、ソールと縫いつけてから最後にモカを縫います。

こちらはスリッポン。
社内では楽そうですね。

足は健康の基本ですから自分の足に合う靴を!

自分にサイズも金型も合って楽なことです。

以外と大きめが楽と思って自分サイズよりも大きめをはいている人がいますがこれは違います。

夕方は足がむくんでいる場合が多いのでその加減もあり、靴を買う時は少しむくんでもはける必要はあるでしょう。

サイズだけでなく甲の高さやかかとの形も関係しますからはいて確かめるしかありません。

また足の形もありますので合うものを探しましょう。

先がとがったものなどは基本避けて靴は足に合うことが一番です。

履きやすいを第一にしましょう。
時間がある時に探し合う形が見つかったらそのメーカーや品番を控えておき同じ金型で探してもらうのがよいです。