社内のビジカジオフィスカジュアル(ビジカジ)といっても、部署によっても違いがありますね。

総務関係だとたいてい社内の人と会うだけですし、経理だと銀行関係や税務署くらいで対人で接することは少ないですしね。

そうすると、男性で内勤でのオフィスカジュアルってどのくらいがいいのでしょう?

お客様に会わない内勤だけの男性の事務職の服装は基本のジャケットスタイルでなくてもいいと思います。

カットソーのジャケットでもいいですね。季節により、カーディガンやポロシャツもいいのでは?

それでも事務職男性の服装は、だらしなくていいわけではないのできちんとした感じは必要です。

自宅のリラックスした服装でいいわけではないのです。

季節により、ジャケットなしでカーディガン、セーター、シャツだけ、ポロシャツだけもありだと思います。しかし、男性の場合は、Tシャツだけというのは避けた方がいいですね。

Tシャツにジャケットはきちんと感もあり、おしゃれに見えますが、ジャケットなしのTシャツは男性はあまり似合いません。

 

オフィスカジュアルのメンズ ファッションは会社により差が大きいので周りも見渡しながらカジュアル化していくといいと思います。

基本は社内ではジャケットなしで寒色系で清潔感のある色を基本で考えたらいいと思います。ピンクやサックスの薄い色もいいでしょう。

ジャケットの代わりに、カーディガンやVネックのセーターの下に、シャツやポロシャツもいいと思います。

ボトムは、スラックス、チノパンですね。

ジーンズはきれいにジャケットと合わせると業界によりビジカジになりますが、ジャケットがないとリラックスし過ぎの感じになりやすいので、オフィスカジュアルにはあまり向きません。

市役所などは公務員だから気を抜いてしまうのか、男性も女性もリラックスし過ぎの人が目立ちますね。

そこまで気にしないの?と思うくらい、自宅にいる感じと近いのでは?と思ったりします。高級官吏職はまた違うと思いますが。

民間の会社だと、一流の会社ほど気を使っていると感じます、また職種にもよりますね。