メンズファッションは、センスではなく理論!

テレビの”世界一受けたい授業!”で『服を着るならこんなふうに』のMB先生も言ってました。

オシャレに必要なものは、

『センスではない、理論です!』と。

大切なのはコーディネイト理論を理解して実践するだけ。

それを紹介しているのが、

メンズカジュアルファッションコミックの

『服を着るならこんなふうに』です。

自分はセンスがない、何を着ていいかわからない、と思っている全男子必読の書です。

女子から見ればとてもうらやましいのがメンズファッションです。

理由は、メンズ服は数式みたいに簡単に理論で覚えられ実践するだけで、70点か80点になる格好ができるから。

それ以上はがんばってもがんばらなくてもどっちでもいいんですよね。男だから。

MB先生の4つの理論とは?

1.黒のスキニージーンズ

2.ドレス:カジュアルを7:3

3.スタイルは、Y、I、A

4.色は迷ったら、黒、白、グレー

というものでした。

MB先生の理論はほんとうなの?女子目線から

全体的にMB先生本人に似たタイプの男子やクリエーター、ファッション関係の男子にはすべてあてはまると思います。

ですが万人向きではありません。

知的で自分をしっかり持っている意志の強い人、雰囲気のある人はこの理論は似合います。

おしゃれはセンスではなく理論でカッコよくなれる、説には大賛成です、メンズだから可能なことなんですね。

ドレス:カジュアルを、7:3もOK、は今の時代のメンズカジュアルにはいい感じです。

全体のスタイルのまとめ方は、Y、I、Aにする、というのもOK、ここは万人向きですね。

色は迷ったら、黒、グレー、白の3色にしなさい、は全ての男子にはあてはまりません。

MB先生タイプやクリエーター、アパレル関係の男子には合うでしょう。

ひとつづつ見ていきますね。

MB先生の理論をデザイナー女子目線でチェックした

1.最初に買うのは黒のスキニージーンズ

若い男子には、ですね。ブルージーンズはカジュアル過ぎるし、ホワイトでは合わない人もいます。

でも黒なら合う人の幅も広いしカジュアル過ぎません。

ただし、足がすっきり見えて、いろんな上着とも合わせやすい万能アイテムですが、万人向きではありません。

太めの方には難しいですし、若くない人のスリム過ぎも素敵じゃないですよね?

スキニージーンズで注意したいのが“裾にできるシワシワ”、自分に合わせて丈詰めするとシワはできません。

さらに、黒い靴と靴下をコーデし下半身の色を同系色で統一することで足が長く見えすっきりします。

着る場所は、一般的には日常カジュアル中心ですね。

ファッション関係では会社でも場合により可能ですが。

2.ドレス:カジュアルを7:3

これは言えますね?

きちんとしたジャケットに無地Tシャツでパンツは色違いスキニージーンズと黒の靴下と革靴の場合もすっきり。

Tシャツとパンツがカジュアルですが色がモノトーン系だと控えめになるし、ボーダーTとかだともっとカジュアル度が進みます。

ジャケットがパーカーやブルゾンだとかカジュアル度が一気に進みます。

全身カジュアルでは砕け過ぎで着られる場が少ないのです。

今の時代は、きちんと感もありつつ適度にカジュアルなスタイルがカッコいいです。

しかし、ビジカジの場合は、職種により差があり、ドレス:カジュアルは、8:2もありますね。

3.Y、I、A、のシルエットがきれいなバランスになる

これは、いつの時代も基本です。

ただし、メンズ服では、Iが多いと思います。

メンズではIが主流

Yスタイルは、パンツがスキニータイプだとYですね。

Yはトレンド

こういう個性的なメンズ服を着る人は少ないでしょうが、Aになります。

ここまでいかなくてもダボっとしたスタイルが出てきていますから、

トップは普通、ボトムはゆったりパンツだと控えめAになります。

メンズのAha少ない

 

メンズの場合は、Iが多いですが、今の時代は、Yがトレンドですね。

Aも現れ始めています。

メンズファッションは、Iはいつの時代もどの年代の人にも主流です。

メンズでAは、普通のベーシックスタイルでは控えめでAかな?程度ですね。

4.色は、黒、グレー、白のモノトーンの3色

これもMB先生やクリエーターに似合いやすい色です。

一般の方でいうと、この3色にネイビー系、ブルー系も入ります。

ネイビー系が一番、グレー系が2番です。

黒は雰囲気のある人に合います。

アーチスト、俳優さん、ファッション関係の人などですね。

ただ、黒はカジュアル要素を上手に取り込んだディテールでないと、冠婚葬祭の服に見えます。

メンズの色の基本は、モノトーンに、ブルー系(ネイビーからサックスまで)が基本。

次に人により、茶系やモカ、ベージュ系です。

会社員のメンズビジカジに、ネイビーやサックス系は主流です。

『服を着るならこんなふうに』は、やっぱり役に立つ!

メンズカジュアルは難しくない、と実感します。

指南書があるのに、
すぐに理解できるのに、
難しいと思い込むのはもったいない!です。

あなたもカッコよくなれるのに、
自分は無理とか、
センスないから、

これが一番残念です。

『服を着るならこなふうに』 読んでみてくださいね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

服を着るならこんなふうに(volume 01) (単行本コミックス) [ 縞野やえ ]
価格:1078円(税込、送料無料) (2019/11/28時点)

楽天で購入