男性はメンズファッションに対して少し間違って悩んでいるようです。

オシャレ度ではなく、TPOに合うあなたに似合う基本が求められているだけですよ。

それができたら十分カッコいいのです!

しかもココをマスターするのは決してハードルは高くないです!

ここに気付いてほしいですね。

男のおしゃれの悩みと答え

下記のような悩みをネットで見つけましたがこの認識は結構はずれていると思いますね。

服に携わる立場のわたしの見解を書いてみました。

 

Q:服の選択肢が狭い
A:メンズはアイテムが少ないから簡単だしそれでいいのです。

ワンピースもミニスカートもパンツもロングスカートもはけたら選択肢広過ぎ、コーデ多過ぎ選べないでしょう?

服の選択肢が狭くていい、その中に微妙な違いがあって十分楽しめるし、違いも出せるのです。

メンズは女性と違って個性的なオリジナルティあふれるファッションは求められていないし、素敵にも見えません!!!

男の見た目の大事さとは、TPOに適うマナーや知性がOKか?そしてあなたに似合っているか?これだけです。

あとは人柄と能力で完成するから!

 

Q:情報が少ない(雑誌は少ない、若者限定の着こなしばかり紹介されている)
雑誌はこれからの傾向や提案、宣伝などの役目があるので普通の人のハウツウ本として作られていないのです。

参考にはなってもそのままマネはできないのが普通です。

コーデやすぐ着る服は通販サイトの方がそのままマネできますよ。

 

Q:ベーシックな着こなしが紹介されていない
A:わかりきった当たり前のことは雑誌で紹介する意味がないのです。

ここは本や販売員さんから学べるほど簡単なことです。

お金を使える方は、個人スタイリストさんに教えてもらう方法もあります。ビジカジ、オフカジなど数回のアドバイスと買い物同伴で短期間で身に付きます。

ここでお金を使ってもあとでそれ以上の節約になります。小さな投資で大きな利益を生む将来性のある株みたいな価値があります。

 

Q:買い物がしづらい(あちこち歩き回らないと探している物が手に入らない)
A:基本のブランドや店舗を決めておき、自分の好みや似合うものがわかったら通販でも探せます。

はじめだけは時間がかかるので先輩やおしゃれな友人に聞くと時短です。

 

Q:需要が無いから単価が高い
A:そうともかぎりません。レディスはアイテムが多いので売れ残りも多くもっと利益をとられていたりもします。

Q:友達のファッションを参考にしようと思っても、友達もダサい場合が多い
A:だからあなたが今頭一つ抜きんでるのはかんたんです。

ベーシックな基本を本で身につける方法もあります。

森岡弘さんの本がおすすめです。

メンズ通販ではコーデ丸ごと買えますが慣れないと失敗しますから、最初に個人スタイリストに依頼する方法もあります。

 

Q:父親はスーツばかりを着るから、ファッションの躾を受けられない
(女性は母親から最低限の服装の躾が受けられる)
A:女性も母からは学べません。時代が違いますから。
着物なら学べるでしょうが。

尚、わかる人は母親でも男子のコーデはできます。ファッションは女性がわかれば男性も子供も理解できるものなのです。

 

Q:男は少しでもオシャレをすると浮きやすい
(女性は周りもオシャレだから、オシャレしても浮かない)
A:メンズは基本定番服なので、TPOに合っていたら浮きません。

メンズはロック系というかオラオラ系というかそういうファッションをする必要はないのです。こういう特殊なファッションは浮くし一般人には必要ありませんしカッコ悪いです。

アーチストとかはそれが自分の感性にピタッと来るから選ぶだけです。

たとえば、テリー伊藤さんはそれでいいけれど、一般人が同じことしたら変でしょう?

メンズカジュアルは、センスのいい販売員さんか個人スタイリストから学びましょう。または、本でも学べます。基本は簡単ですから。

 

男性はベーシックな基本をあなたに似合う色を選び、TPOに合わせて着るだけで素敵!だということが基本です。

 

男のおしゃれの基本は簡単!しかもそれで十分。

今までのメンズカジュアルは職種による制服か、作業服かビジネススーツスタイルかがほとんどでした。

だから、カジュアルスタイルの、ビジカジもちゃんとした日常カジュアルも把握していない人が多いのです。

決してセンスがないのではなく知らないだけ、慣れていないだけです。

男のおしゃれは基本を学ぶだけでいい!

あとはおしゃれが好きだったら余裕の範囲で楽しめばいいのです。

メンズはほんの少し基本を学べばとても簡単で、及第点をもらえるのはすぐです。

レディスは何年がんばっても毎日及第点のコーデはむずかしいのですよ。

服のアイテムは多い、ワンピース、スーツ、さまざまな丈のスカートとデザインもさまざま。パンツも様々なデザインがあります。流行も早いです。だからたいていの女性は良い日、普通の日、ちょっとダサい日とかになってしまうのです。

メンズカジュアルがおくれているのは、会社員はビジネススーツにネクタイが制服みたいだったからです。

これからはメンズビジカジも日常カジュアルも慣れて行くと思います。

 

だから、男性は特別なおしゃれ人になりたいとか思う必要はなく、基本をクリアしようと思えばいいのです。

TPOに合わせて基本のアイテムをあなたのサイズで似合う色が選択出来たらいいのです。

特別おしゃれにならなくてもいいのです。お好きな方はなってもいいですが。

男はセンス抜群のおしゃれはカッコ悪い!

もっとも好感度高いのはベーシックな普通の定番がきれいに着られることです。女性に求められることとは少し違いますよ。

しかもそれが男として素敵なのです。

 

男の見た目は、服装は70点で十分、あとは内面で100点になります。しかも服装の70点は簡単です。女性は毎日70点は難しいですが。

しかも男性の服装は70点で十分、人柄や能力で完成できるのです。

100点のメンズファッションは逆にマイナスになりあなたの魅力を半減します。

男の服装で100点は過剰で嫌味になります。

メンズカジュアルは基本がクリアできたらいい!のです。

70点の服装の基本まではすぐできるハードル。

人柄と能力があってこそ、男も見た目!で素敵に見えます。

おしゃれは基本をクリアできたらいいしかんたん、人柄と能力は一生の課題。この課題に向けて頑張っていることが、80点、90点、100点と成長するのです。

仮に人として努力だけで行くと、実際の魅力の半減か60点くらいにしか見えません。

あなたの実力をそのまま見せるか少しアップしてくれるのが、服装です。