当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

男の服装が大事な理は?人間は形から変えた方が結果が速い!

 

男は服から変われる!

 

男のおしゃれは大事なのか?

男の服装はおしゃれな方がいいの?

などと疑問はあると思いますが、人は形から変える方が効果が抜群に速いって知っていますか?

男はまずは定番で清潔感あるこぎれいなその場に違和感のない服装をすべきです!

その方が自分も心地よく周りの人も心地いいことなんですね。

男が服装にも気を付けることは、異性にもモテルるし、お仕事でも信頼されるので生きやすくなるし、成長も速いです。

人は無意識の着た服装に内面も実力も近づいていくのです。

そのくらい人も伸びしろしかないのです!

 

異性がカッコいいと人はよくなる!

人は見た目9割と言われますが、見た目はやはりすごい!と思います。

テレビで、荒れた高校を一年で人気校に変えた、元校長先生がお話していました。

まず学校赴任して取り組んだことは、

  • 女子生徒の制服を変えた。(女子がよくなれば男子もよくなると思うから)異性がカッコいいと人ってよくなるんですね。
  • 午後から生徒はいなくなるので午後に魅力的な授業をつくった。(ゴルフ、パソコンなど)家に帰ってもおもしろくないからゴルフできる方を選ぶと思ったからだそう、広いグリーンでプレーできるのは気持ちいいですしね、)ゴルフ場も午後は空いているので近くのゴルフ場で了解してもらった。
  • 国のゴミ集め期間に、捨てられたゴルフセットはありませんか?と問い合わせたら、すぐに200セット集めてくれた。
  • テレビで学校をロケに使いたいといわれ、200人の黒髪の生徒をエキストラに使ってもらうことを条件に快諾した。(ヤンキーは目立ちたがり屋だから、茶髪よりテレビ出演と思ったから)これであっというまに茶髪撲滅できた。
  • 授業に資格をとれる科目を作った。

結果一年で推薦で入学したい生徒が7倍になったとのこと。

精神論からはじめたら何年も時間がかかるでしょう、それを女子の服装をおしゃれにすることから初めて、1年で変えることができたのは、見た目の力です。

人は脳だけで生きているのではありません。

眼も鼻も皮膚も体の総動員で人格をつくっているのですから全部使って結果を出すのが得策です!

 

人は形から服から変える方が効果がすぐに出る!

人って簡単に変われるんですね?
生徒の荒れた気持ちを想像し、対策を考えたのです。

大人はここまで単純でないとしても共通する部分は多いと思うのです。

やはり形は大事だし形から入る方がかんたんに変われるのです。

心や意識はあとで付いてくるのです。形はこころに影響与えるから。

心の方から手をつけたら何年かかるかわかりませんものね。

子供がおばさんになってもおじさんになっても間に合わないかもですよね?

社会人のあなたも形から格好良くなって女性にもモテ、周囲の方からも信頼されお仕事もできる人になりませんか?

 

男の服装で気をつけること、まず清潔感から

1.清潔感を意識する

どのような服装であっても、ビジネスシーンや対人では清潔感が基本。
シャツを着る場合は、アイロンしてシワを残さずボタンは開けすぎない着方をする。

 

2.配色を考えてコーディネートする

コーディネートの基本は知識から得て見て実践でOK。

例えば、アナウンサーやコメンテーターの人たちも男性はたいてい定番服ですよね?

芸人は参考にしてはいけません。世間ではあり得ない色のスーツ着たりしますね。

彩度・明度が高いカラーは派手過ぎて目立ち過ぎビジネスシーンでは合いません。

基本的には、無彩色やネイビー系。

つまり、黒、グレー、白が無彩色。

ネイビー系やダークなブルー系も基本。

人によってはブラウン系やベージュ系も基本。

以上はアイテムによって基本があります。

例えば、白いジャケットは普通の会社では合いません。

 

3.素材によるカジュアル感の違いを意識する

同じようなデザインでも素材が異なることでフォーマル度とカジュアル度が変わります。

天然繊維の中でもウールやシルクは改まった印象でコットンの方がカジュアルな印象になります。

麻はおしゃれでも一般社会ではシワがよるので難しいです。

 

4.パンツの丈はその都度調整する

パンツはデザインテーストに寄り適した丈がありますので、いつも同じパンツ丈では合いません。

パンツを購入するときは、ショップで試着して直しましょう。

デニムやTシャツは一般的には「作業着」「日常生活の普段着」の部類に入るので、オフィスには不向きとされていますが、業界や職場によります。

しかし、デニムもデザインや色によっても違いがあるのできれいめ感があること。

以上のポイントを踏まえた上で、あなたに似合うスタイルや好み、そして職場環境に合わせて選ぶことが大切です。
 

タイトルとURLをコピーしました