メンズ通販でサイズ選びはどう決める?

服を買う時に一番初めに大事なのは、自分にサイズが合うか?ですよね。

デザインが好きか?は見ればわかりますね?似合うか?はわかる時もあるし、着て見ないとわからないこともあります。

一番の基準は、トップなら肩幅、胸幅、袖丈、着丈などですね。しかし、ここを見てもわからない方も多いのでは?と思います。服を計る習慣なんてないのは普通ですから。

しかし、リアル店舗で買う場合は着てみればわかりますが、通販だと着ないでサイズが自分に合うのはどれか?決めなければなりません。

通販サイトでも、サイズ表記は、M,Lだったり、号数表記だったりいろいろですね。

しかも、号も1号.2号があれば、38号.40号などもあります。XLがあったり、LLがあったり国の違いだったりメーカーの考え方だったりしますから、あなたが購入しようとしている通販サイトはどう扱っていいるかを先に知ることですね。

洋服の仕上がりサイズ、ヌードサイズの違いを知って!

1.サイトに書かれている寸法は、洋服の出来上がりの寸法です。
2.あなたの体の胸囲寸法と言うのはヌード寸法です。
3.なので、洋服の胸囲は、あなたのヌード寸法の胸囲より大きくないと着られないですね?

何センチ大きければいいのか?は、洋服のアイテムによっても、テーストによっても、生地の厚さでも変わるし、流行によっても違います。つまり、この差は機能と感覚の両方で決められるのです。

また、ブランドによっても、1点づつの商品によっても違いはあります。

AブランドのジャケットとBブランドのジャケットは同じ仕上がりサイズではありません。対応する体の人が着られることは必須で、その範囲内で何センチに仕上げるかは、作るデザイナーの判断なのです。

M?L?は、今までの買い物経験から判断してみる

数値で判断するのは初めは難しいので、リアル店で買う時を参考に、MかLで見当つける方法もありです。

それで買ってみて試着してみれば、たいていはうまくいくでしょう。

もし、Mで少し小さいと感じたら、そのデザインでLの寸法をみて何センチ大きいか見るのです。そしてL方が合いそうと思ったら交換してもらうのです。

ラベルなどそのままで、3日以内に連絡すればたいてい応じてもらえます。

身長、体重、胸囲など、ヌードサイズを参考にする

通販でも買い慣れると仕上がり寸法で、自分に合うかどうかわかりますが、これは意外とプロでないと難しいのです。

理由は流行により服のゆるみが違いますので、プロでないとこの肩幅や胸幅の服は自分にちょうどいいと決め難いからです。

ですからはじめは対応サイズ(体の寸法)を参考にし、着用し確かめ、慣れたら同じようなアイテムは、仕上がり寸法でもわかるようになります。

対応サイズというのは、着る人の体のヌードサイズのことで、仕上がり寸法というのは、出来上がっている服の寸法のことです。

ですからヌードサイズにいくらかのゆるみが加わっています。このゆるみは、いくらでいいというのではなく、流行や洋服のタイプによって違いがあります。インナーのシャツなら少なくていいけれど、コートだとゆるみは多くないと着にくいですよね?

今の時代は細身が主流ですからゆるみも少なめですが、年配の方の場合は、流行は控えめにはいりますから、同じようなデザインの服でもゆるみは多めです。

通販サイトはサイズ表記がくわしい場合も多い

ネット通販のサイトは、試着ができないので、服のサイズの計り方、仕上がり寸法の表記など、ていねいに書かれているページがありますから、じっくり見られるといいですね。

雑誌と同じでよく見ることでわかってくることは多いですし、センスも磨かれます。メインにチェックする通販サイトを決めておくと理解しやすいです。いろいろなサイトをみるよりも。

フッションでも経済と同じで基本となる、軸があると理解しやすいのです。

同じ通販サイトや同ブランドではサイズが比較しやすい

例えば、対応サイズ例は、下記のようにこのヌード寸法の人を対象につくっています、という意味です。

(1)サイズ絵表示による方法
基本身体寸法を図内欄に記入するとともに、必記衣料寸法を図の下側に併記して表示します。
A体型 とは、チェストとウエストの寸法差が12cmの人の体型 のことで、一般的な体型です。

胸回りは、92cm、ウエストは80cm、身長は170cmの人を対象につくっています、ということです。92A5の、Aは体型で5は身長が170cmを表しています。JやYがやせ型で次がA,BとありEが最も太め体型です。

(2)寸法列記による方法
“サイズ”、”SIZE”などの文字を用いて、これに基本身体寸法又は必記衣料寸法の名称、及びその数値を併記して表示します。

上記は、JIS企画でこれを基準に各メーカーは、自社の対応サイズを決めて実際にどういう寸法で作るか決めますので、ブランドにより差があります。なので、自分には★★ブランドのMサイズが合うけれど同じMサイズでも○○ブランドのは小さいとかあります。

 

こういうことなのか?と知るだけでよくて、覚える必要はありません。なので買うときは、そのサイトの服がどんな寸法で出来上がっているかを見てください。そして、そのサイズは自分が着るとちょうどいいのか?が分かればいいのです。

 

似た感覚の同じアイテムの寸法は比較できる

手持ちのジャケットが最近買ったもので、テーストも似ていれば、その服のサイズとネットで見る服のサイズが近ければ合います。数年前のは比較しにくいです。

または、そのサイトのモデルのヌードサイズを見て着た感じをチェックするとか、そのサイトの対応サイズのヌードサイズをチェックすると、だいたいわかりますね?

一度購入すれば、そのブランドの感じがわかりますから、回数が増えるほど選び方はじょうずになりますよ。