レトロピクス

写真は⇒レトロピクス

小柄な男性がカッコよく見えるのはサイズ感とバランス

小柄な男性は合うサイズの服探しに苦労しますね?

もし平均身長ならサイズは合うから似合うか?だけ考えたらいいのに…と思ったことありませんか?

で、サイズが合えば色に妥協してしまったり、でも、それはとてももったいないです。

サイズと色が自分に似合うことが基本ですから、ここは譲れないポイントです。

 

おしゃれが苦手な男性がカッコよくなるのは簡単!

メンズファッションは一番大事なのは個性ではありません。

定番服を自分にちょうどいいサイズと色が選べることだけで十分かっこいいです。

  • 定番服を選ぶ
  • 自分にぴったりなサイズ感
  • 自分に似合う色

男性がカッコよく見えるのはこれだけなんですね?

そしてその定番服が適度に時代に合っていることです。

流行おくれでもなく、奇抜でもなく。

メンズファッションの及第点のレベルは、知識で知ってそのまま実践すればいいだけ。

生まれ持ったセンスもなくてかまいません。

数学の公式みたいに知って型どうりまねるだけでカッコよくなれます。

理由は、定番のメンズ服は色も形も決まっているからです。

これはレディースではマネができないうらやましいことなんです。

 

メンズ服はサイズが合う定番のおしゃれブランドから選ぶだけ

流行おくれでもなく、奇抜過ぎでもないブランドを知っておけばいいだけです。

基本色はネイビー系かグレー系が基本でどちらかはどなたにもたいてい似合います。

まずは、この2色系から選びます。

シャツなら基本の白かサックスでOK。

黒のジャケットに黒のシャツというような合わせ方はそういうのが好みなら多分似合います。

雰囲気のあるアーチスト系や俳優さんがよくする合わせ方です。

ブラウンのジャケットにほんの少し色が違うブラウン系のシャツにネクタイもブラウン系とか。

 

バランスがよければカッコいい

小柄だからと子供服やレディースから選ぶのは間違い

小柄な男性が小さいサイズがないからと子供服やレディースから選んではいけません。

小柄男性の体の細部の寸法は、160㎝の男児とも160㎝の女性とも全く違います。

しかも大事なサイズ感もテーストも男性の大人であるあなたには合いません。

サイズがないという理由で、子供服やレディースから選ぶ時点でカッコよくない服から選んでいます。

 

XSメンズのサイズでパターンは起こさないときれいな形の小柄男性のおしゃれなメンズ服はできないのです。

人の体はひとりひとり違うし生活習慣から歪みもありますがその歪みまで合わせる必要はなく、

自分の体のサイズで形は少しきれいめの服型に体を入れる感じがきれいです。

だから微妙にお直しはしない方がいいです。

万一直すこともあるのは、パンツ丈と袖丈だけですがなるべく直さないで合うブランドから選びましょう。

お直しが多くなるほどバランスは悪い服になりますよ。

 

着慣れたらもっとおしゃれにこだわってもいい!

及第点がクリアできたら意識すればさらにセンスは磨かれます。

微妙な色、素材、質で違いを感じるようになれば、微妙な色の差からもトレンドや自分との相性がわかってきます。

似合う色というのは、

  • お顔が明るく生き生き見える色
  • その色の雰囲気があなたらしい感じがする

これだけです。

 

例えば、ネイビーのジャケットが似合うとわかって、サックスのシャツを合わせた。

次にネイビーにもサックスにも合う、グレーとモカのパンツをどっちにしようかな?と思ったら

雰囲気があなたらしい方を選びます。

パンツはお顔と離れていますが雰囲気は連動しますよ。

 

小柄男性のXSサイズ専門のファッションブランド

レトロピクスは、日本唯一のメンズXSサイズ専門のファッションブランドです。

身長160㎝前後の小柄な男性のために、自分にぴったりのサイズでおしゃれの楽しさを知ってほしい、という願いから生まれた通販ショップです。

小柄男性の着こなしで一番大切なのはバランスと姿勢です。

似合うものが選べて自信を持ち姿勢がいいと背も高く見えます。

これって上げ底の靴を履くより高く見えるんですね。

小柄男性のためのXSサイズにこだわってできた、レトロピクスは、

通販なのでサイズ感を初めから数値で判断は慣れないと難しく感じますし

その数値は時代によって変わりますので

あなたの身長と体重を参考に選び、着て見て判断する方がわかりやすいでしょう。

同じアイテムで2枚目を買うときは、先に買った洋服のサイズを測って比べるとわかります。

価格は普通からやや高めですがお直しが必要ないので、安く買ってお直しにお金をかけてバランス悪くなった服を着るよりおすすめ。

 

公式サイト⇒レトロピクス

 

寸法で見る方法に慣れてくると通販でも失敗しないお買い物ができるようになります。