女子目線で男性ファッションの一番気になるのは常識的な普通のファッションであること、なんですね。

おしゃれか?なんてそれほど気にはしていないのです。望むのは普通です。人柄や仕事能力の方をもっと気にしていますね。

もし、あなたがおしゃれに興味がなくてもそれはマイナス要因ではありません

とてもやぼったい似合わないモノを着ていたり、TPOにふさわしくない格好をしていたらそれは結構大きなマイナス要因です。

と言うと矛盾していると思われますか?ですがこれが女性の本音です。

男性にはおしゃれにはあまり興味なくてもいいから、常識的な格好はしてほしいのです。

言いかえれば服装は知性や常識、マナーを表しているから。理想を言えば、おしゃれにはそれほど興味なくても、ある程度のセンスはある人が好きなのです。

とても考えられないような色のシャツや柄を着て何も感じない人なんていやなんですね。

そこまで鈍感なのは。ですが、意識すればそれほど鈍感な人はあまりいらっしゃらないのでご心配なく。

 

ユニクロの社長は、日本人の男性は世界一センスがいい!といってます。

「えっ」と思われましたか?わたしも思いました。でも少し考えれば思い当たることがありました。

比較対象が、日本人はおしゃれに興味のない人と、仕事のできるエリート社員の外国人と比較したり、俳優さんと比較したり、余裕のある来日している旅行者の欧米人と比較していませんか?そして、外国人はおしゃれだな、とか思っていませんか?

国によっては服って着ているだけだったりもしますが、日本人男性は少なくとも、毎日着替え、一応考えて着ています。そして女性の服装に関しても、きれいとか、ダサイとか、感じる感性は以外と正しく持っています。

 

メンズカジュアルは、TPOに合ってあなたに似合う色であればいい!

日本人男性も、ビジネススーツスタイルか制服か作業服か会社や職種によって決まった服装をしていたのであまりセンスが磨かれる環境にありませんでした。

しかし、職場もクールビズ推奨をきっかけに、また豊かに成熟社会にはいってきたことで、カジュアルスタイルが普通に選択できるセンスや、TPOにかなった服装のマナーも必要になってきたのです。

ビジネススタイルや制服で長くやってきたので、突然カジュアルスタイルでいいですよ、といわれても「どう着るの?」という状態になったのです。でも、男性のアイテムは少ないので意識すれば思いのほか簡単なことに気づくはずです。

TPOを知る、自分に合う色柄を選ぶだけです。

柄は控えめなので、メンズの場合は色に含まれているようなものですから、自分の色を知るだけ、しかも色系統も決まっているので、その中から選べる力があるだけでいいのです。

 

ようするに、100点はいらないのです。まあまあでいい、つまり70点か80点でいいのです。

しかし、女性でいつも70点取るのはむずかしいのです。アイテムも多く、流行も速く、色も柄もデザインも微妙なディテールの違いも多すぎて。

男性は初歩的なことを知って選んで着る、毎日似たようなコーディネートでいいのですからかんたんですよね。

男性が毎日イメージチェンジして「あれ!」と思われるようなファッションって変でしょう?

男性は普通の服をその人らしくきれいめに着ているのがいい!というのが女子目線が気になるポイントなのです。