まず、テーラードジャケットを決める!

カジュアルスタイルを考える時、真っ先に選ぶのはジャケットです。たいていのシーンに合うのでコーディネートしやすく、あなたを引き立ててくれるデザインや色を選びましょう。

形はテーラードジャケット。テーラードの場合、スーツスタイルの上着とジャケットの違いは厳密にはありませんが、素材や光沢感などに、スーツ向き、ジャケット向きはあります。

ですから場合によっては、スーツの上着は下を別の替えスラックスに替えるだけでもジャケットになりうるのですが、生地の感じがスーツっぽい感じがするものが多いので着まわしはしない方が無難です。

 

色は、ネイビー、ダークブルー系、グレー系から自分に合うものが見つかると思います。人により、茶系か黒系の方が合う場合もありますが、ネイビー、ダークブルー系、グレー系もとても幅広く微妙な違いの色柄がありますから似合わないことは少ないでしょう。

今まで着ていたスーツの色が参考になると思います。黒は少し難しい色なのでスーツやジャケットに選ぶ場合は、目立たないペンシルストライプ柄とか、デザインに微妙なデザイン性があるものをアーチスト系の方には合いますね。

ネイビーのテーラードジャケットは基本

ジャケット選び
フラノ系かウールジャージーのネイビージャケットは、一枚は持っているといいですね。ネイビーはたいていの人に合い、清潔感があって上品です。グレーには茶を帯びてグレーベージュ(グレージュ)からライトグレー、濃いたチャコールグレー、霜降りのグレー杢と本当に幅広いのです。

ビジネス用に着ない場合は柄や色、デザインに少し遊びがあってもいいですね。スーツの場合は格子柄も目だたない線のみの格子柄程度ですが、カジュアルの場合はもう少し目立つチェック柄もいけると思います。

肩、ひじなどディテールにデザインが加わるとスポーティになり着こなしの幅は広がります。

 

クールビズを考える場合は、ジャージー素材やシアサッカーなどの一枚仕立てが軽く着心地が楽だと思います。カーディガンとジャケットの間くらいの着ごこちになるでしょう。3シーズン対応できるものが重宝すると思います。ビジネスにもディリーにも可能です。

下に合わせるのは、スラックス、チノパン、ジーンズまでなんでも合います。合わせるボトムによって、オン、オフどちらにもきちんと感があってきれいな着こなしができます。

肩パットなし、パッチポケット、などはよりカジュアルになりますね。大人のカジュアルには極端なトレンド性や強い個性の主張は不要です。芸能人ではありませんから。

ジャケットはサイズ感、、袖丈が合っていることがポイントです。袖丈は腕を少し曲げて調整します。伸ばしたま合わせると短くなり過ぎます。ジャケットの次にシャツとパンツを考えます。

コメントを残す

このページの先頭へ