ジャケット+シャツ+スラックスにネクタイなしの王道メンズカジュアル

ボクらの時代のテレビから、2世タレントの、伊藤孝明さん、徳光正行さん、逸見太郎さんです。俳優やテレビタレントの着こなしもそのまま一般の会社員の方でもマネできることもありますね?また、一部変更すれば、ほぼマネできることもあります。

会社員の方の場合、いままでビジネススーツにネクタイで来ているので、ネクタイなしにすると締まらないと悩む場合があるようですが、そそんなに難しくはないのです。

ネクタイをして来ていたワイシャツのまま、ネクタイだけをとれば締まらないと思いますが、シャツ選ぶが大事ですね?衿やボタンがアクセントがある方が着こなしやすいですね。

 

 
伊藤さんですが、サックスのジャケットに普通の衿のシャツです。シャツは普通の衿で黒蝶貝のボタンがアクセントです。スラックスはダークなネイビーです。ポケットチーフはペーズリー柄。

これを会社員に置き換えるなら、ジャケットのネイビーのラインをなしに、ポケットチーフは白無地のスクエアたたみでOKです。

 

 
徳光さんですが、ネイビージャケットに白シャツ、同じくボタンダウンの衿に黒蝶貝のボタンがアクセント。ポケットチーフが濃い目ブルーです。スラックスはカーキです。

シャツのボタンはナイロンやポリエステルでなく、自然の貝で作る方が高級感があります。黒蝶貝も黒無地でなく、光沢のあるグレーっぽい部分もあり自然な感じがいいです。

会社員に置き換えるなら、ポケットチーフを白のスクエアたたみで、あとはこのままできれいな王道のコーディネートです。たいていの方に似合いやすい配色です。カーキのスラックスは、濃いめベージュやグレーも合います。個性的狙いで赤がお好きな方は、エンジのスラックスも合います。

 

 
逸見さんは、全体がプリント柄のTシャツで鮮やかなブルーのジャケットにジーンズです。このスタイルは芸能界でないと派手すぎですね?
会社員にアレンジするなら、ジャケットはネイビーに白の無地Tシャツにジーンズなら業界によりOKですね?

堅めのテレビ番組のコメンテーターやアナウンサー、などの番組は、配色は参考になりますよ。ほとんどプロのスタイリストがコーデし、本人の私服であることは少ないようです。

メンズカジュアルのコーデは、基本が少ないので参考になることは多いので参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

このページの先頭へ