メンズ服を通販サイトで購入する、良い点と注意点

着るものは実際に見て試着して買うのが一番です。
それにもかかわらず、ネット通販が売れているのはそれなりに理由があります

メンズ服ネット通販の良い点

  • リーズナブルな価格なのにおしゃれなモノがある。
  • 店舗にはない、ほしいものがネット通販にはある。
  • 一つのネット通販で、トータルコーディネートで買うことがしやすい。
  • 都会ではお店に行きやすいけれど、地方では近くにおしゃれなお店がない。
  • お店を歩いて探す時間がないし、自分の都合で好きな時間にじっくり探せる。
  • ネット通販は、通販雑誌に比べてコーディネート例が多いので参考にできる。
  • ネットに上がって着るまでの時期が近いのでほんとうに必要なものがわかって買える。
  • 商品のいろいろな角度や、部分写真もあったりしてわかりやすい。
  • ネットで普通の店舗で服を買うよりもネット通販の会社は送料が安い。

 

しかし、試着できないのですから注意すべき点はあります。

メンズネット通販の注意すべき点

  • 色を間違わない。
  • サイズを間違わない。
  • 自己都合でも返品可能か?

色は着ると顔が明るく見えて、色の醸し出すイメージがあなたに合うことが決めてです。
それがあなたに似合う色、です。顔色、髪の色、雰囲気などで決まります。目鼻立ちの影響もあります。
でも通販ですから当ててみたり、試着したりできませんが、いままで着た経験を判断材料にするとわかりやすいですよ。

ネイビーは合う、グレー系も合う。茶系はむずかしい、とか。さらに、ネイビー系でもダークなネイビーがいいとか、明るめの方がいいとかは、好き、今までも気慣れてわかっているとか、が基準にできます。もし少し違ってもジャケットやカーデなら間に着るシャツの色でカバーできますよ。

最終的に、あなたらしくてきれいに見える、のが”似合う”ことです。

メンズ通販で服を購入する際に最も重要なのはサイズ感です!

なぜ?着るものなのにサイズが合えばいいなんて!と思われましたか?そうではないのです。メンズ服は、アイテムが少なくどなたにも必要な基本的なものは決まっていますし、デザインも限られています。

たとえば、メンズビジネスカジュアルでは、まず、テーラージャケット、スラックスタイプのパンツは基本です。色は、ネービー、ダークブルー系、グレー系、茶系、黒、この色の中から選ぶ方がほとんどです。厳密には、無地系、無地に見える地柄入り、ペンシルストライプ、ウインドペンタイプのチェック柄とかいろいろありますが、色系統は限られています。

形もテーラー衿のジャケットはいらない、なんてことはまずありません。なので、デザインとアイテムと色はだいたい決まっています。

後は着ないとわからないのがサイズです。
サイズは、リアル店舗で買うとき自分のサイズを知らなくても、商品の仕上がり寸法も知らなくても着て合うかどうかわかりますが、ネット通販の場合はそれができません。商品には対応サイズが、表記されていますがこれは目安で、ほんとうにちょうどいいかどうかは自分で寸法を把握しておく必要があります。

対応サイズとは、体のヌードサイズです。タグに書かれている対応サイズにあなたのヌード寸法が含まれていたらサイズは合うはず、ということです。

 

手持ちの洋服のサイズを計って通販サイトの服のサイズと比較する場合は、参考にできる服は最近のものでないとダメです。

時代によって細身になったり、ゆるく着たりするので、自分に合う、洋服の寸法は変わるのです、体は同じサイズでも似合う洋服の寸法は変化するのです。今カッコよくいようと思ったら、定番でも何年もは着られません。

洋服の寸法の測り方はサイトに記載ページがあります。洋服をペたっと平置きして計ります。メーカーは常に研究していますから、洋服は適度に買い変える方がおしゃれになります。なのでジャケットを2枚買おうと思ったら一枚先に買って、着て見てからそのサイズを参考にすると失敗しないです。

あなたの服の寸法を把握する習慣をつけましょう!

メンズはレディスのようにデザインごとに微妙な違いが少ないですから、自分サイズを把握することは難しくありません。意識することで自然に自分サイズを把握できるようになりますよ。

まずは対応サイズでM,Lを選び、仕上がり寸法を参考にし、モデルサイズも参考にし、決めて着てみることです。そのうちに、このブランドのサイズのLが自分にちょうどいい、とかわかってきます。ただ、肩幅、身幅、袖丈などはいつでも同じ寸法があなたに合うのではなく、流行にも左右されますので、今ならこの寸法が合うという理解です。

たとえば今は細身が主流ですが、ビッグシルエットの流行だと、肩幅もゆったりしていると袖丈も長めで着ることになります。
広い肩幅に短い袖丈では、バランスが悪く美しくないからです。だからいつでも今はこのタイプの服はこのサイズ、という理解です。

 

自己都合でも返品可能か?については、たいていの通販はラベルそのままで、試着しただけで、7日以内なら、連絡後、送料負担で可能です。念のため、包みや箱、袋などもきれいに開けた方がいいですね。

このストーブ買ったけど、リアルで見たら好きじゃなかった、とは言えませんが、通販サイトで服を買った場合は、自己都合でも返品受け付けしてくれる場合は多いです。服ならではの微妙な部分ですね。

尚、丈直しなどをされた商品は返品も交換もできませんし、会社によっては自己都合で返品や交換は事務手数料がかかる場合もあります。

買い方も慣れるほどじょうずに探せるようになりますし、自分のこともよくわかるようになります。色でも感覚でも配色でも。選べなくても、選んだものを判断する感性は、もともと以外とどなたも持っていますよ。四季のある自然豊かな環境で育った日本人は世界でいちばんセンスがいいのです!

<b>通販サイトで服を買うのは、メンズカジュアルこそ利用価値があります!アイテムが少なく、デザインも色系統も決まっているのでサイズさえ把握できればいいのですから。

コメントを残す

このページの先頭へ