コーディネートは少し色相をズラすテクニックはおしゃれっぽい!

普通服のきれいめメンズカジュアル、はアイテムが少なく基本も決まっているので少し意識すればかんたんです。
アイテムはジャケット、シャツ、パンツが基本で、プラスポケットチーフに靴ですね。
そこに加えようと思ったら、ジャケットとシャツの間に、べストやセーター、カーディガンをはさむくらいです。
コーディネートするには、デザイン(テースト含めて)と色ですが、きれいめメンズカジュアルの場合、アイテムが決まっていますから、あとは色を考えればいいのです。

 

サワコの朝に出演の俳優、内籐剛志さんです。

格子柄のウールジャケットは、サックスがかった薄いグレーにブルーの格子です。シャツは白、パンツとポケットチーフはチャコールグレー。

べストはブルーとグリーンの中間みたいなニュアンスのある色です。ジャケットの格子の色はブルーです。

少し青みのあるグレーの濃淡系コーデですが、べストだけ、緑味がかっていることで味があります。加えてべストの色が濃いめなので引き締め効果もあってよいコーデだと思います。

このようにブルー系だけでまとめるのではなく、一色少しだけ色相をズラすテクニックは、さりげなくてニュアンスがあります。都会的なプロっぽい、おしゃれっぽい印象になります。ジャケットの格子もブルー系でグレー系ではありませんから、べストの色も浮きません。

難を言えば、シャツの衿が少し高すぎることが、衿が落ち着きにくく、リラックスし過ぎに見えています。

もう少し小さめの衿の方が、すっきりきちんと感が出ると思いますが、どうでしょうか?

ポケットチーフも効いています。一般の方がする場合は細く角い見せ方でいいと思います。スクエアタイプですね。

 

 

 
スタジオパーク出演の、俳優の小出恵介さんです。

ネイビーのジャケットに薄いグレーのタートルはカットソーのようです。

エンジのセーターは、ジャケットのネイビーと合ってとてもきれいな配色です。このように紺とエンジは相性がいいのです。
同系でなくても、落ち着いていながらもニュアンスがありますね。

色の色環図で見ると、反対側で補色の関係です。赤と緑も補色関係です。補色関係はお互いの色を引き立て合う関係と言われます。

ネイビーのスーツにエンジのネクタイというのもよく見かけますよね?補色関係の美しい定番です。

テレビは新しいもの、新鮮なもの、をなるべく見せようとするので、旬をとりいれていることが多く、とても参考になります。家に居ながらにして聞くのではなく、見ることができるのですから。

しかも番組によっては、テレビならではの奇抜なものでなく、十分普通なのです。

田舎に住んでいて街を歩いても旬は見られませんから、田舎でも都会でも見ることができるのは重宝です。

コメントを残す

このページの先頭へ