ジャケットのテーストと着る人の雰囲気が合わない!

井ノ原さんですが、
このジャケットは似合っていません。

持ち味はソフトですから、
肩から袖山にかけての大きな二本の
白いラインがきつ過ぎです。
このラインがもう少し細いといくらかはよくなりますが
やはり、ラインはじゃまです。

袖口にも同じような
太い白いラインが入っていました。

なぜ、こんなにも合わないモノを選んだのでしょう。
スタイリストさんも時間がなかったのかな?
井ノ原さんも、
この日は落ちつかなかったでしょうね。

目鼻立ちも目立たない
優しい感じの井ノ原さんタイプの方は
同様にこんな目立つ
くっきり、はっきりのデザインは
避けた方がいいですね。

インの白いシャツ
水玉のネクタイ
グレーのような細いボーダーのべストは
とても、井ノ原さんにぴったりなので
なおさら残念です。

この場合、ジャケットは無地の方がいいですね。
ジャケットはサイズも大きそうです。
衿周りの太めの縁取りもややハードです。
ニットジャケットか
カット.ソーのように見えます。

日によっては
井ノ原さんのコーデは
個性を把握された
とてもいい日も多いのですが
このコーデはXでした。

コメントを残す

このページの先頭へ