洗濯方法と干し方

着るものはいつまでもきれいな状態で着たいですね?

なかなか着れなくはなりませんが、汚くなったから捨てるのではなく、流行の流れでもう、違う感じがする、と思って捨てるまではきれいな状態で着たいと思いませんか?

自宅でお洗濯するものは、主にインナーウエアやシャツ関係、リラックスウエアなどで、綿や化学繊維になると思うのですが、きれいな状態を保つには、洗濯方法でも違いは大きいのです。

 

たいていの主婦に聞くと、白いものも色ものも一緒に洗う、といわれびっくりします。色落ちはあまりしなくても少しは出るので、白いものが少しづつ色が入りきれいな白ではなくなります。

まず、蛍光増白剤のはいっている洗剤では白以外の物は洗わない。(少しづつ漂白するので色が薄くなっていきますから)
蛍光漂白剤がはいっている洗剤は白い物用です。しかし、過酸化過炭酸ナトリウム、過酸化水素は酵素系漂白剤なので色ものも使えます。

蛍光剤の入っていない洗剤で洗う時、白と色の薄い物はいっしょに洗ってもいいですが、黒、紺、茶などの濃い物を白いものと一緒に洗うと、白い毛羽がいっぱい付着します。色の濃い物は濃い物だけでまとめて洗いましょう。

 

実家に帰った時、わたしの黒Tシャツもタオルもいっしょに洗われて、タオルの白い毛バがいっぱいついていて困ったことがありました。ブラシで白いケバを取り、ていねいにゆすぐことで直しましたが、結構取れにくいものでした。

色が薄い無地も柄物も、濃い色のものも洗剤は蛍光増白剤の入っているものは使わない。(徐々に色が少しづつ抜けて薄くなります。)洗濯用石鹸(液体、粉)は蛍光剤が入っていません。

洗濯槽型の洗濯機では脱水の後、拡げて四角くたたんでもう一度脱水するとシワが伸びて干しやすいです。どちらにせよ、干す時はシワを伸ばし、形を整えて干すと、アイロンも楽ですし、長くきれいに着られます。

アウターやデリケートな衣類は裏にひっくり返し、洗濯袋に拡げてたたんで入れて洗うと傷みが少ないです。本当は手洗いが一番傷みませんから、おしゃれなお気に入りは手洗いがオススメです。

 

これだけのことでも面倒だと思われる方がほとんどだと思いますが、一度把握すると意外とかんたんですよ。男性は仕事ではきびしく鍛えられているので、ビジネス風に整理し表にに書いて見ることをオススメします。

洗剤の種類も多いので調べると面白いと思います。どの洗剤がいいか使ってみたりして、自分はこれ、と決めると習慣化して楽に実行できると思います。

 

お笑い芸人の家事えもんさん、すごいですよね?

私は、粉の洗濯石鹸は粉がふわっと飛び、くしゃみがでるので、液体を使います。おしゃれなお気に入りは、なんども揉む必要なはないので、手で押し洗いし、数回すすいで干すと生地の傷み方は全く違い、長くきれいに着られます。

しかし、男性用は大きいしややハードな場合が多いので手洗いはむずかしいかも知れませんね。

それから、干すのは基本は、風通しがよい日陰です。日光に当たると色やけし、生地も傷みます。シーツなどは短時間日光干しするのは殺菌できていいと思いますが。

余談ですが、ふきんや台ふきは日光干しが一番でほぼ100パーセント殺菌できます。

コメントを残す

このページの先頭へ