男のおしゃれは引き算の美学を基本におこう!

人は見た目9割、男も見た目がすべて!とか、いろいろ言われますがこれは真実です。しかしそれはおしゃれであればいい、おしゃれが一番大事、という意味ではありません。メンズファッションは引き算が肝心ですよ。

ですが、見た目にすべて表れることも確か。真意はおしゃれが一番ではなく、どの程度を表現するのが正しい選択なのか?行きすぎていないのか?基本をはずしてはいないのか?自分をわかっているのか?立ち位置を理解できているのか?今を客観的に見れているのか?理解してしるのか?

それらのさじ加減が問われるのです。そこには知性も理性も品にもすべて表れているのです。

だいぶ前ですが、世の中がメンズ服もスリムになってきた頃でした。、かなり年配の人が若い人と同じようにスリムなスーツを着ていました。わたしはパッと見て、ちょっと?なんかしっくり来ないと感じ、なぜそう感じるのかな?と思いました。

たぶん、そこには着た人の気持ちが反映されていたのでしょう。

気持ちってほんとに表れるのでしょうね。人って理屈抜きにすっと受け止め感じてしまうのです。人は以外と敏感なのです。

また、職場で年配の人が夏の間、社内でTシャツでした。その年齢の人が選ばないようなデザインでしたが、以外と似合っていてこの人はセンスいいんだな?と思っていました。

しかし本当はセンス悪い?のだとか。

「だから、子供が選んだTシャツをただ着ているだけ」
とのこと。

 

本人もカッコいいいだろう?とも思っていないし、気にもかけていないし、似合っていたので感じも悪くなかったのです。ほんとうに不思議です。気持ちって表れてしまうのです。

 

だから経済的に余裕があれば、スタイリストを雇い、すべておまかせでそのまま着ているだけでも素敵にはなれるのです。仕事に真剣に立ち向かいきちんと生きていれば。

プロがその人を理解して似合うものを選んで、着る人も信頼してこれでいいんだと思っていて、生き方やお仕事に自信があるから素敵に見えるのです。

ただ、自分をよくわかってすべて自分で選んで引き算のセンスが表現できる場合、もっとしっくり素敵というか、服が体の一部になりきって何を着ていたか思いだせないけれど印象として素敵だった!というようになると思いますが。

そのくらい、メンズファッションは基本が大事なのです。あなたがもしおしゃれ初心者でも基本を学んで着慣れて行き、合格ラインをクリアできるのは以外とかんたんだと知ってほしいです!

コメントを残す

このページの先頭へ