モクロディのジャケット&パンツは適度なカジュアル感覚。

モクロディとはかんたんに言いますと、カットソー(編み物組織)と布帛(布で織物組織)の中間にある素材です。組織は編み物に属し、カジュアル度も中間です。だからビジカジにも向いていますし、伸縮性もあるので着やすいのです。

ずっと細身の流行ですから、モクロディ素材が目に止まります。ビジカジが意識され着こなせる必要にせまられている今の時代にモクロディのジャケットやパンツは着やすいのではないでしょうか?

天竺とかウラ毛とかのカットソー素材に比べあまり聞き慣れないことばですが、モクロディとは両面編みの変化組織の一種で、高密度で編まれたしっかりとしたタッチと形態変化に強い安定感が特徴のジャージー素材です。

縦&横へも伸縮する、ストレッチ素材で着用時も色々な動きに対応してくれます。程良い弾力性があるためシワにもなりにくく、家庭での洗濯が可能で扱い安い素材で、カジュアル感覚のタイトシルエットで活動的なジャケットやパンツなどに向いていますので今の流行にぴったりです。

見た目もさわった感じも布とニットの中間みたいな感じがあるので使いやすいのです。裏毛のジャケットやパンツではもっとリラックスウエアになってしまいますよね?

細身が主流の時代だから伸縮性のある素材が着やすいのです。

メンズ服も細身になっていますから伸びない生地だと動きにくく機能的ではありません。ですからカットソー素材やカットソーと布帛の中間くらいのモクロディは今の時代に合った素材といえます。きちんと感がある中にもカジュアル感が適度にあるのです。

 

下の明るいグレーのスーツはモクロディ素材ですから、上下スーツですがカジュアルスタイルになります。なのでノーネクタイのシャツとよく合っていますね。素材そのものが編み組織なのでカジュアルなのです。

カジュアルスーツまた、メンズカジュアルは形はあまり変わらず、素材が違うだけで、フォーマル寄りかカジュアル寄りかに分かれたりします。

例えば、テーラードジャケットはテーラードスーツの上着と厳密な違いはありませんが、素材で分かれます。モクロディは編み物素材なのでカジュアルになるのです。

スラックス仕立てのモクロディのパンツも、スーツの下と形は変わりませんが、素材でカジュアルになります。

簡単にいえば、織物(布)より編み物素材はカジュアルなのです。布(織物)と毛糸の間が、カットソー素材になります。

カットソー素材は編み物の部類なのです。セーターはブラウスよりカジュアルでしょう?毛糸で礼服は、ピンとこないでしょう?そんな風に、モクロディはカジュアル素材なのです。

写真はSPUTNICKSのアストロノミー
 

 

そして、今は細身の時代なのでモクロディは使いやすいです。細身で伸縮率が悪かったら着にくいですから。ですから、ビジカジにもオフカジにもモクロディは重宝します。軽くて体を動かしやすいことは楽ですから。布帛でも伸びなくても伸びる繊維を編みこんでストレッチ性を作ったりする方法もありますが。

アストロミーへは⇒クールビズ

上記のバナーからでも、公式サイトへ行き検索窓で『アストロノミー』と入れても商品が見られますよ。アストロノミーはこだわりの商品でビジカジ向きブランドです。

コメントを残す

このページの先頭へ