メンズ服 通販の利点は、どこに住んでいてもリーズナブルでセンスのいい服が買えること!

メンズ通販の利用者は増えていく傾向ですが好きな時間にゆっくり選ぶことができるがいいですね。

リアル店舗で気持ちのよい対応をしてくれる販売員さんはなかなかいません。行きつけのお店は親しさや信頼関係もあり、気に入れば買ってくれる人、という認識があるので困ることもないのですが。

たいていのお店は、すぐに寄ってこられ、「それ可愛いでしょう?」と印で押したように同じように言われるのが苦手です。まして、男性はもっと苦手では?と思います。

販売員さんがプロのスタイリストくらいの実力があればありがたいことなんですけどね。
洋服はランチとは違うので安くないですから、ムダに大切なお金を使いたくないですし。


そいうい意味で、メンズのネット通販は便利だと思います。
じっくり、都合のいい時に見て考え選べますから。
しかし、試着できないのが難点です。

ですが、メンズ服は試着はできませんが、レディスに比べればこの試着できない欠点はとても小さいのです。

 

わたしはレディースでも、ほしいものがなくて通販も利用はしますが、着た感じがほんとうに気に入るかはとても難しいことなのです。たまに試着できたら買わなかっただろうな?という失敗もします。

微妙なディテールの違いが着た感じを大きく左右するからです。なので、見てよくてもこういうものは試着しないと不安、と思うものは買わないで、大丈夫と思えるものだけを買うようにしています。

 

メンズ服の場合は、アイテムが少なく、基本形も色もある程度決まっていますし、そのブランドの仕上がりサイズを把握できれば合いやすいからです。通販でメンズ服を買おうかな?と思う場合は何度も見て、好みに合いそうな通販サイトを見つけたら、通販に慣れるまではそこだけを利用していく方がいいと思います。

そしてその通販でサイズ感などをつかみ慣れていってから、ものたりなければまた一つの通販サイトを試すのです。はじめにいくつか試して合わなければすぐに他に替えればいいですし。

メンズ通販で失敗しないコツは、サイズ選びです。

初心者の方は、帽子、服、靴、たいてい大き過ぎを選びがちです。
帽子は髪がペタンコになるのがいや、といいますが、大きめでもぴったりでも髪はペタンコになります。服も小さ過ぎもきれいでないし、窮屈ですが、大きめもきれいではありません。

靴はきつくてもだめですが、大きいのも歩きにくいし、健康を害します。ジャストサイズが足と一体化して履いている感があまりないくらい快適なのです。このジャストサイズと言うのはつま先に1cm程の余裕をいれてのことですが。

 

洋服サイズの計り方は難しく感じますし、たいていの人は知りません。女性でも知りません。それが普通なのです。このブランドのMが合うとか目安があって、次に試着することでわかるからです。

ネットだとそれができないので洋服を平置きして仕上がり寸法が書かれています。でもこれで判断ははじめはできません。

だからリアル店舗で買うのと同様、はじめは対応サイズで見ます。胸囲何cmの人に向けて作っているか?の目安です。そこでMなどと決め、次に服の仕上がり寸法を見ます。

自分の胸囲に幅で+何cmでちょうどいいとは頭で考えてもわかりません。時代により、洋服のテーストにより、ブランドにより違いがあります。

だから着てみるしかないのです。

 

今買った服は今の時代を反映しているので似たようなモノを買う時は参考になります。わかってくると、こういうシャツなら仕上がりが●●cmくらいが着やすいしきれいに見えるとか、微妙な違いも数字でも判断できるようになりますが、これは少しむずかしいので、はじめは対応サイズを見て決めましょう。

そして次に同じようなものを買う時は、手持ちの服を平置きして計り、自分は●●cm上がりくらいのシャツがちょうどいいとわかってきます。平置きしてどう計るかは、どの通販サイトにも記載があります。計り方も慣れると簡単ですよ。(*^-^*)

コメントを残す

このページの先頭へ