ボーダーを着る女は持てない?ではボーダーを着る男は?

ボーダーTシャツはそれ一枚で着るのは難しいアイテムでもあり柄でもあります。紺と白、赤と白などのようにコントラストの強い配色は特に難しいです。

生地として見るだけなら紺x白はきれいな配色ですが、人が着てお顔が美しく見えるか?というと違うのです。人により似合う場合もありますが。幅広でコントラストの差が大きいボーダーほど難しいです。

またお顔だちとも相性があります。コントラストのはっきりした配色ははっきりした目鼻立ちの方に合います。ソフトな優しいおとなしい感じだと配色も明度差が少なくて、色も本人のイメージに合う色だと似合いやすいです。また全体シマシマでなく部分的に無地だったりする方が着やすいですね。

もともと、ボーダーは水兵さんの制服でした。ということは、美しいことより危険から守るために目立つことが重要だったのです。ですからあの有名なブランドのボーダーTシャツでも人が着ると目立つけれども美しいか?というと、どうでしょう?

right

写真はあさイチの井ノ原快彦さんですが、グレー杢ボーダーのセーターに首元に除く白いシャツが引きしめ、清潔感とやわらかい感じがなんとか似合っていると思います。

胸ヨーク部分が無地で、グレー杢x白のボーダーはコントラストがゆるめだし、いのっちの雰囲気にもあっていますから。それでも、白いシャツの衿が見えていなかったらぼやけます。

井ノ原さんのような目鼻立ちがやわらかいソフトな感じの方は、色柄やコーデは、コントラストがきつくないコーディネートの方が似合います。たとえば紺x白でなく、紺xグレーの方がいいし、または同じくらいの濃さで色合いが違う配色(色相違いの配色)も合いやすいです。
たとえば、ダークなネイビーxダークなブラウン、ライトグレーxサックスなどのような合わせ方です。

               

また、ポーダーTシャツはジャケット着て一部分だけ除くくらいだと、ネクタイ+シャツに代わってのアクセントになります。

 

ジャケットの柄は目立ちすぎる派手な柄や配色はNG!芸能人は例外。

上の写真の向かって右端の柳澤秀夫さんは解説委員。この方の職業とお顔立ち、番組の雰囲気からして、今日のコーデはちょっと違う、と思います。ジャケットのチェックが目立ち過ぎです。カジュアルジャケットと言っても、ジャケットの柄が目立つのはどんな場合でも品よくなりません。メンズジャケットの柄は目立ち過ぎはNGです。

シャツも明るいブルーが少し浮いています。修正点は、ジャケットのチェックの白が目立たない細さにし、離れると無地に見えるくらいに落ち着かせ、シャツの明るめの水色もあと少し薄くし、グレー味を帯びたサックスにした方がしっくりすると思います。

 

 

左の写真は、あさイチのアナウンサーの方がリポーターとなって行かれてた時のようすですが、ぱっと見てシャツの代衿が高すぎます。

シャツの代衿は4cmから4.5cmくらいのものを選ぶと、ジャケットの後姿はシャツの色が少しのぞいてきれいに見えるのです。

シャツ選びの一つのポイントは、ジャケットを着た場合、後姿は衿が少しのぞくのがきれいです。見るからに2cm以上も衿が見えている感じはシャツの衿腰が高過ぎるのです。

コメントを残す

このページの先頭へ