初心者がビジカジを失敗しないコツは、基本だけでいくこと!

メンズカジュアルはシンプルです。なぜならアイテムが少ないから。しかし、メンズビジカジはもっとシンプルです。もともとアイテムが少ないのにさらに少なくなるのですから。

極論をいうと、従来は日本の会社はビジネススーツスタイルだけでした。だから会社にきてゆく服を迷うことすらありませんでした。スーツと白いシャツで決まっていたから選ぶのはネクタイだけだったのです。

そこからシャツの幅が少し広がり始めました。

 

次にクールビズ推奨から迷い、崩し過ぎの人、今までどうりの人、週末だけクールビスを実践する会社、と、会社によって人によってばらつきがおこりました。このクールビズがなくて、洋服文化の成熟によって、会社でもカジュアル化が進んだのであれば、もっと正しく進んだと思うのです。

でも、今はまだ過度期なので、ここをチャンスととらえ、初心者のあなたは、基本を正しく知り、基本を崩さず着ることがいちばんだと思います。

 

会社により違いはあると思いますが、まだまだビジネススーツ中心で夏場は崩し過ぎの人もあったり、内勤日の日だけ崩し過ぎていたりの会社の場合、やりやすいと思うのです。思考錯誤して失敗があってもめだちにくい環境ですから、過度気なので。

また、毎日着ているビジネススーツにシャツでネクタイだけを外したスタイルもNGだと思います。見た目いくらかだらしなく見えるのです。もともとネクタイをした方が決まる素材感であったり、そういうふうに着ていたので服もその着こなしに慣れているんですね?

服も生きているから?はじめからネクタイ外してもいけそうな、素材感や微妙はディテールのスーツを選べばいける場合もあるのですが。

なので、ジャケットスタイルを新しく選びます。かんたんに言えば、スーツと同じテーラー衿で素材や色が違う、テーラードジャケットとスラックスを決めます。シャツだけは衿や色、前立てなど少し違うデザインを選びます。

 

      

写真は、メンズスタイルのビジカジ専門店『Biz front』

 

ジャケットスタイルでも、基本はテーラードジャケットですが、では、スーツの上着とどこが違うのか?というと、厳密には違いませんが、素材感でスーツに向く生地、ジャケットに向く生地に分かれます。

仕立てもほぼ同じですが、衿周りなどに太いステッチ、幅広いステッチがあるとカジュアル風になるし、太い糸の厚手の織はカジュアルになるし、薄く光沢感のある生地はスーツっぽくなりますが、作る側が考えて作るのでここは考えなくていいのです。セットでつくられていない、単品、つまり、ジャケットで売られているものから選びます。

では、自分の持っているビジネススーツの上着をジャケットとして、ほかのスラックスとコーデして着られるのか?というと素材によってあり得る場合もありますが、止めておいた方がいいです。上だけ速く傷んでしまいますから。

ビジカジスタイルの基本は、ジャケット+スラックス+シャツ!

なので、ビジネススーツを基本にあなたに似合う色のジャケットとこのジャケットに合うスラックスを決めるのです。
一例を上げると、ネイビーのジャケットにグレイのスラックス。

コツはチノパンにしないこと。チノパンは夏用のジャケットに合わせる時に合わせて選ぶといいと思いますが、最初のジャケットスタイルは、スラックスがおすすめです。

ジャケットの下はチノパンが基本と思っていらっしゃる方もいますが、違います。チノパンは基本はチノクロスのコットンですからどのジャケットにも合うとは限りません。

シャツはネクタイをしなくてもきちんと感がでる、小さめの衿やボタンダウンシャツ、クレリック衿など、少しポイントがある方がきれいに見えると思いますので、ネクタイしている時の、白いワイシャツを代用しない方がいいです。このシャツもネクタイされることになじんでいると思うんです。

 

あなたに似合う色で、ジャケットとジャケットに合う色のスラックスを選び、ジャケットに合うノーネクタイでもきれいに決まるさわやかなシャツを選ぶだけです。シーズンによってこのパターンを、2~3パターン用意し、シャツは多めに用意するだけです。

たとえば、ネイビーが似合う方なら、ジャケットはネイビー無地とネイビー系でも目立たない細い線の格子柄のジャケットとか。パンツはグレーと濃いめベージュ系など。これで完成です。かんたんでしょう?尚、ネイビーもグレーも同じくらいに合う場合は、ネイビーとグレーのジャケットという選択もいいですね。

もっとも多くの人が似合うのはネイビーです。

コメントを残す

このページの先頭へ