パンツ丈、袖丈以外は直さないで合うブランドから…

メンズ服の寸法直しは確かな知識と技術が必要!です。その前に、正しくチェックできるセンスも必要なのです。正しくチェックできるセンスがなくては、お直し技術がプロでもきれいには直せないことになります。

そういう意味でも、価格的な意味でも出来るだけ直さなくても自分に合うサイズでできているブランドをみつけることが重要です。

たいていお直しやさんは、お直しの勉強を学びされている人が多いのですが、実はパターン(製図)と縫製の両方の知識がないと正しくは直せないのです。しかしちゃんとした知識で直せる専門のお店は大都会でないとなかなかありません。

百貨店や専門店の販売スタッフさんは専門的な教育を受けていないことがほとんどです。先輩から学び中途半端な知識でチェックし、実際に直すお直し屋さんが商品をとりに来て直すのですが、こちらも知識や技術に差があります。

ほんとうにプロのお直し屋さんで直すとしても、パンツの裾上げ以外はかなり高額です。ですからネット通販でリーズナブルに購入したものを直すと、買うくらい経費がかかってしまいます。なので、直すのはパンツ丈や袖丈のみ、あとは合う寸法のブランドを探すほうがいいでしょう。

 

わたしはデザイナーなので直せるのですが、忙しい時はお店で直してもらうこともありますが、基本、パンツ丈以外はさわりません。他をさわると高くつくしバランスが崩れるので、その服はあきらめます。丈は小柄なので、デザインにより仕方ないのですが、直さないことも多いです。背の高い人がひざ下で着るワンピースならわたしはもう少し長い丈で着ることになります。

                 

ネット通販で購入する場合、もそのブランドに自分に合うサイズの服があるか?が重要です。それから、デザインと色を選ぶのです。そしてパンツ丈以外は直さずに着られる商品であることですね。

パンツ丈ならそのサイトで無料だったりしますし、自分で近くで直す場合もそんなにかかりません。500円くらいからあると思います。近くで丈直しは見つけておいた方がいいですね。試着して靴を履いてチェックした方が確実ですから。

今あるパンツで計れば、股下寸法でわかりますが、生地が厚手か薄手か?パンツのデザインによりゆるみも違いますので、どのくらいではきたいか?違いもありますから、ほんとうは、靴をはいて試着して丈詰めはする方が確実です。

コメントを残す

このページの先頭へ