ジャケットに合うネクタイの色が多くて迷う場合は、決めては顔!


爆笑問題の、大田さんと田中さん

田中さんはやわらかい感じ、大田さんは目鼻立ちがくっきりしたメリハリのある方。なので配色は田中さんはソフト配色、大田さんは白黒ではっきりしたコントラストのある配色なのは妥当だと思います。

このようにセーターの下にシャツを着る着方は、もこもこになり、やせ型でないと、スッキリ着るのは難しいですね。お笑い芸人の方でテレビですから、おもしろいとか楽しいとか親しみやすさを狙ったりということもあるでしょう。普通の方が参考にする場合は、こんなに切り替えはたくさんない方がスッキリします。

 

ネクタイの色選び

 

 

 

 

 

 

 

お笑い芸人の東野幸治さん

ジャケットはブラウン系のツイードです。秋冬の厚手のジャケットではツイードやフラノ系が一般的です。ウールを糸にするには、長めの糸を梳いていくか、短い糸を紡いでいくか、の2方式があって、ツイードは紡毛、3シーズン可能な薄手タイプは、梳毛です。

このジャケットは、ややはでな赤いチェックのネクタイとポケットチーフをシックなものに変えれば、会社員の方でも普通に着られます。ポケットチーフは、細く少しだけ見せる出し方にすればいいし。ネクタイはライトブラウン系とか、薄い色でしたら、カラシ色系など。

補色系のカラーで水色系もあり得ます。水色だと目立ち過ぎる場合は、ダークな水色にすれば浮きません。ツイードにいろいろなカラーがはいっていますので、合う色は多いです。また、ジャケットに合う色が多くて迷う場合は、着る人の雰囲気やお顔に合う感じの色を選ぶのがいいです。ここがポイントです。

尚、このようにネクタイとポケットチーフを合わせると、少し主張の強い印象になります。反対に、シャツとポケットチーフを合わせると控えめな印象になります。シャツが白なので白っぽいポケットチーフでもいいわけです。

コメントを残す

このページの先頭へ