セーター&カーディガン

あまり来客に接することのない、オフィスカジュアルでニット類を着る場合、多いのはタートルセーターや、ジャケットを脱いでシャツの上にカーディガンを羽織って仕事したりですね。カーディガンはロッカーに置いていて制服扱いです。

つい便利なのでしがちですが、そうするとカーディガンはくたびれておしゃれとは程遠くなりますのでご注意を!ワンシーズンずっと同じカーディガンというのはくたびれます。
メンズ カーディガンあなたはニット類の下は何を着ますか?アンダーシャツ、Tシャツいろいろありますが、素肌にニットはあまりおすすめはしません。

カシミヤなどは肌ざわりがいいし、綿のように汗も繊維に吸湿はしにくいといっても自宅で毎日お洗濯するわけにもいきませんから。

それに寒いです。わたしは素肌にカシミヤはここちいいか実験したことがあります。肌触りはいいのですが、吸湿性はやわらい木綿やシルクの方がいいです。下に1枚も着ないのはやはり寒いです。うすーいランニングシャツ一枚でも全然違いますよ。

 

外国のようにシャツはインナーウエアの範ちゅうだから素肌に着る、という考え方の人もいますが、日本は湿気があるので外国のスタイルのままは合わないと思います。そこにこだわるなら、おしゃれな質のいい薄手のインナーやTシャツにこだわってはいかがでしょう?

 

アンダーシャツやアンダーシャツ代わりにTシャツにこだわるなら、オーガニック綿とか、質の良い綿にこだわった方が実用的です。織り方で一番肌さわりがいいのはスムースです。天竺やリブではありません。生地関係の仕事をしているのに「オーガニック素材の価値ってわかりませんなあ」と言っているのを聞いて、男性って気にしないから気付かないんだ、と思ったのでした。

オーガニックにこだわった生地や織物は、薬品を使われるのが少ない分、肌にやさしいのに。布って作る過程で薬品漬けですから。無印良品では、オーガニック素材で以外にリーズナブルな価格でセーターやカットソーがある場合もありますから試して見られるといいですよ。

衣類にかける経費は、衣食住の一部ですからこだわってばかりもいられませんが、できる範囲で少しづつ知っていき、こだわっていくのも楽しいと思います。男性にも暮らしを楽しんでほしいです。

 

夢も生きることも仕事も、暮らしを楽しむことも遊ぶことも、すべて同列に楽しんでいて素敵だと思うのは、糸井重里さんです。糸井さんのネット新聞、ほぼ日刊イトイ新聞も面白いですよ。

男性は女性にはないきびしい世界で生きている部分も多いでしょうが、生活を楽しむことも知ってほしいです。仕事やお酒、スポーツなどと違う楽しさが暮らしにはあると思うからです。体が快適!っていいと思いませんか?男性も自分の体の声に耳を傾けていたわってほしいですね。

元来、日本の男性は、余裕ある人たちはとても暮らしや遊びを優雅に楽しむ人種だったと思いませんか?茶道や活け花、和歌、などからも思います。日本人は優雅でユーモアのある民族だと思います。

コメントを残す

このページの先頭へ