シャツは基本的にジャケットに合うものを…

カジュアルシャツネクタイなしで着るカジュアルシャツ選びは、シルエットがきれいなもの、自分に合う適正サイズであることが大事です。と言ってもオーダーではないので、自分の買う価格帯の中でもサイズが合うブランドを見つけると便利です。

ネクタイなしで着るのですから、衿先や前立てに少しデザインがあって締まるものがいいですね。シャツの前立てに細く配色があってポイントになっているのもいいと思います。

次に着丈、オーバーシャツで着るタイプは特に気になりますね?身長はそれぞれなのにシャツはそんなに細かく丈は分類されていませんから、少しの妥協と、ブランド選び、ブランドの中でもデザインにより違いはありますから自分の希望に近いものを探すしかありません。手持ちのシャツを参考に、これより少し長いとか短いのがいいとか比較して選ぶとわかりやすいでしょう。

 

シャツというアイテムは補佐役、ジャケット主役なので、まず、手持ちのジャケットに合うこと、そしてあなたに合うもの、という選び方をするとコーディネートがしやすいです。シャツ単品でちょうどいい季節でも、ホテルのレストランには入れませんし、お客様に会うときもジャケットは必要ですから。

ジャケットがスリムになっていますのでシャツもアームホールが大き過ぎるとジャケットに収まりません。

ですからジャケットとシャツは同じブランドや同じ通販サイトから買う方が合いやすいです。セレクトするバイヤーさんは、自社のコンセプトに合わせてトータルコーデできるように選んでいますから。シャツは肩幅も大き過ぎても小さすぎてもダメです。

よいシャツ選びでこだわるポイントは?

  • シルエットが美しい。着丈がちょうどいい。
  • 肩幅が自分の肩より入りすぎず、肩先から落ちていなくて袖付けの位置がちょうどいい。
  • アームホールが大きすぎず、きつくなくて、ジャケットにも収まる。
  • 袖丈の長さがちょうどいい。
  • 胸囲のフィット感が適正なゆとりであること。
  • 台衿の高さが4cmから4.5cmくらいでジャケットを着た時に後ろ衿から少しのぞく。

 

それによいシャツは、衿が首のボタンをとめた時、左右対称であること!です。

よいシャツ選び

ここはプロでないとピンとこないのですが、前立ては左右が上前下前と、重なることで衿にとって条件が微妙に異なるのです。付き合わせなら同じ条件ですが。それで衿が下前側の方が長めになりやすいのです。

なのでパターンをわずかに控えたりしますが、縫う時に1mmのズレもなく縫ってくれないとダメで職人技です。結果、リーズナブルなシャツでは左右微妙に違うこともよくあるのです。

袖は、短いのはダメですが、少し長い場合はカフスのボタンを少し内側に付け替えます。シャツの袖丈を詰めるのはかなり面倒でプロでないと直せません。
お直しも高いですからリーズナブルなシャツで直すのは経費かかり過ぎになりますから希望に近いシャツを探すしかありません。

 

ここまで全部をクリアーするのは、難しい方もいらっしゃるでしょう。体は個人差がありますから。しかし、既製品は美しいバランスになるように仕上げていますから、可能な範囲でそのまま着る方が美しいのです。ある程度は美しいバランスの服に合わせごまかすのです。

そうすると錯覚で美しいバランスの体に見えます。(程度問題ですが、)

余談ですが、靴は足に合わせる靴に足を合わせてはいけません。
足が変形し、疲れ、健康被害が出ます。昔の靴屋さんは乱暴でした。履いていると慣れてきますよ、靴に足を合わせるんです、などと。

 

メンズ服は、レディースに比べると流行もゆるやかで定番服が多いので、自分の体のサイズ、洋服の仕上がり寸法を把握しておくことはとても服選びがしやすくなりますよ。

但し、そのサイズはずっと同じではありません。時代により、細身で着たり、ゆったり着たり変化するのです。

肩幅も広めに着たりと変わります。定番服でも流行はあるのです。色もなんですね。ネイビーといっても微妙に変化するのです。色にかぎりはなく何万色でも作れるのです。だから服は着倒し、買い替えましょう。

コメントを残す

このページの先頭へ